ガンダム系のガシャポン・食玩などをリペイントして紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
リペイント日記6(ガンダムエクシア編)
リペイント日記 6回目です。

今回はエクシアを洗浄します。

と、その前に

『点呼~』

リペ前6-1


↑パーツが全部あるか確認します、、、??
この時点で肩口のアンテナ×2本が行方不明、
プラ板で自作するはめに、、、_| ̄|○


↓油分を取りやすくする為にお湯につけます。

リペ前6-2


そうしましたら、
台所用の中性洗剤と、いらなくなった歯ブラシを用意して、、

リペ前6-3



各パーツを洗浄していきます。

パーツ洗浄する理由は、、、

①パーツについた油分や、汚れを落とすため

②ヤスリがけの際に溝にたまった、削りカスを洗い流すため

です。

得に①はしっかりやらないと、後で痛い目にあいます。
(以前、塗装が剥がれたことがあります、、_| ̄|○ )


それじゃーいくぜー


『1(ワン)』

  ・

 ゴシ

  ・

『2(ツー)』

  ・

 ゴシ

  ・

『3(スリー)』

  ・

 ゴシ

  ・

ビリー隊長 『モット腰ヲ イレテー』



『4(フォー)』

  ・

 ゴシ

  ・

『5(ファイブ)』

  ・

 ゴシ

  ・

『6(シックス)』

  ・

 ゴシ

  ・

ビリー隊長 『ジブン ヲ 信ジテ~』



リペ前6-4


失礼しました。

あとはよーく乾かして、、、





ビリー隊長 『ヴィクトリーッ!!』



もう いいって!!

次回はサーフェーサーを吹きます。
スポンサーサイト
リペイント日記5(ガンダムエクシア編)
リペイント日記 5回目です。

今回は紙ヤスリでエクシアの表面を綺麗にしていきます。

エクシア5-2(リペ前)

↑まず、紙ヤスリ
タミヤのP400番を使用します。
右側にある黄色いのは 『タイラー』という商品で、
平面をヤスリがけする時にとても便利です。

『タイラー』には最初、紙ヤスリがついていますが、使用しているとダメになる
ので自分で紙ヤスリを張替えます。

エクシア5-3(リペ前)

↑両面テープを貼り付けて、、


↓はい、完成

エクシア5-5(リペ前)


さーどんどんいくぜ~

エクシア5-6(リペ前)


「ひとつ!」


エクシア5-7(リペ前)


「ふたつ!!」


エクシア5-8(リペ前)


「みっつっ!!!」
 
  
  ・
  ・
  ・



「ここのつっ!!!」
エクシア5-9(リペ前)



コンスコン『一機のモビルスーツを、たった3分で、ヤスリがけを終わらせただと、、、』



エクシア5-1(リペ前)




終わりません!!

で、
気が済むまでヤスリがけをします。
このとき広い面をしかっりやっとくと完成度があがります。

でもあきちゃうので、細かいところはいいかげんデス。

次回はパーツ洗浄をします。
リペイント日記4(ガンダムエクシア編)
リペイント日記 4回目です。

今回は前回ブッタ切った エクシアの腕にある動力パイプの作成やら
なんやらです。

↓まず、動力パイプを作成する前にパテを用意して

エクシア4-1(リペ前)


↓動力パイプの下にある筋肉?らしきものをつくります。

エクシア4-6


さっきのパテの黄色いヤツと、白いヤツをまぜまぜして

エクシア4-3(リペ前)


↑腕にモリます。
(筋肉モリモリやで~)

パテが固まるまでの間に
プラ板を3ミリ程度の幅で切りだして


エクシア4-4(リペ前)


↑動力パイプを作ります。
プラ板は火であぶるとよく曲がるので(あぶりすぎに注意してね)
いい感じになるまで曲げていきます。

そんなこんなしている間に固まったパテを
大体の形になるまでデザインナイフで削ります。

エクシア4-5(リペ前)


↑大体の形がでたら、後はやすりで成型していくんですけど
動力パイプでかくれる所なので今日はこのへんで、、、


ブライトさん1「手をぬくんじゃない!!」



↓あまったパテで、これまたこの前ブッタ切ったGNロングソードの
隙間をパテで埋めておきます。

エクシア4-2(リペ前)


次回はサンドペーパでエクシア全体をペーバーがけしていきます。
ギャン
それでは、MSセレクション29のギャンをリペイントしたものを紹介します。

ギャン1


このMSセレクション29は2003年9月頃発売されたそうです。

小生のは再販品なので もっとあとに手にいれました。

塗装はお約束のシャア専用です、、、

ギャン2


リペイント作品としてはかなり初期の作品です。

きっとその頃は

メタリック塗装 とかしたかったのでしょう、、、

ギャン3


しかし この立ちすがた、


カトキ立ち でもない、、


大河原立ち でもない、、、


ギャン4


そうや!!



ジョジョ立ちや~






ギャン5


ポ、

ポルナレフ!!





ギャン6




失礼しました。




今回はダブリが無く、ノーマルとの比較ができませんので
代わりに

ギャン7

S.O.G.5 のギャンをリペイントしたものといっしょに
ハイ 、チーズ!!

いま見ると時代を感じます。
ガシャポンの進化はすごいですね~

次回のリペイント作品は
MSセレクション 屈指のデキを誇る

MSセレクション40のZガンダムを紹介予定です。


リペイント日記3(ガンダムエクシア編)
リペイント日記 3回目です。
今回はエクシアをバラバラにしていきます。

エクシア3-10(リペ前)

↑まず、ボディーです。
赤い線で囲った箇所をデザインナイフで切り離します。

バラバラにする理由は、

 ①塗装しやすいようにする。
 ②一体成型で表現されてない部分を作るため

 です。

エクシア3-2(リペ前)

↑そんなかんなで ザクザク

 切り刻みすぎたところはエポパテで埋めておきます。
 
 後で復元しやすいように、各パーツに真鍮線を通しておきます。

エクシア3-3(リペ前)

↑ベーゴマユニットも分割 えい!!

エクシア3-5(リペ前)


↑なに~”アンクルアーマー”ならぬ、”アキレスアーマー”も一体成型だと~

エクシア3-6(リペ前)

↑ヒャホーィ

エクシア3-7(リペ前)

↑どんどんいくぜー

エクシア3-8(リペ前)


(セイラさん)あなたならできるわ

エクシア3-9(リペ前)


おだてないでください。

やったー、やっちまったよー
動力パイプも切り刻んじゃったよー(おだてるから)

 あとで動力パイプ作ればいいか~

  ここで、、



  リペイントの話なんやけど~


  リペイントのブルース聴いてくれ~





      切り刻んで塗装を楽にするか~





        おとなしくマスキングして塗装するかわ~






<エクシア3-12(リペ前)


                  自由だ~!!





エクシア3-11(リペ前)



 でも~ 
  
    散々 切り刻んだあげく~

        そのまま放置プレイしている 食玩
 
          いっぱい あるんやけどな!!

センキュー

次回はMSセレクション29のギャンを ちゃんと 紹介します。


リペイント日記2(ガンダムエクシア編)
リペイント日記 2回目です。
まず~、、
ガシャポンの特徴?でもあります、パーツの歪みを修正していきます。

エクスア2-6(りぺ前)


↑たとえば、GNソード、、そりまくってます。
そういえば、このエクシアはガシャポンでなく、箱売りのやつなのに
なんで歪んでんでしょうか?

↓そんなかんなで
エクスア2-1(りぺ前)


ヒドイ、、
(ちなみに付属のビームサーベルはプラ素材なので問題ありませんでした、
どうせなら、ソード関係は全部プラ素材にしてほしかった、、)

しょうがない、
湯をわかせ、湯をわかせー!

エクスア2-2(りぺ前)


↑熱湯風呂に数分つけて、
そのあと流水にひたし、指で形を整えながら修正していきます。

エクスア2-3(りぺ前)


↑すこしはマシになりました。
が、GNロングブレードはこの作業を何回やってもぜんぜんまっすぐに
なりませんでした。
(最初から曲がってんじゃないのか?と疑問を残しつつ、、)

エクスア2-4(りぺ前)


↑デザインナイフで切断!(あ~ぁ)
写真のようにピンバイスで穴をあけ、真鍮線をとうして接着します。

エクスア2-5(りぺ前)


↑右側が修正後です、
少しはマシになりました。
(切断面にできた隙間は追って埋めていきます、、)

今回の作業は以上です。
次回の作業はエクシアを切り刻みます。
リペイント日記1(ガンダムエクシア編)
さてさて、、
リペイント日記と題しまして、リペイントの過程を紹介していきたいと思います。
今回リペイントするのは、今が旬の

ガンダム00(ガンダムダブルオー) より

ガンダムエクシア です。(シャキ~ン)

エクシア3(リペ前)


このエクシアは ガシャポン版の H.G.C.O.R.E よりもデラックスな内容になっている
箱売り版の H.G.C.O.R.E.-EX です。(HJ誌より)

エクシア4(リペ前


エクシアにはAタイプ、Bタイプの武装違いがあり、今回はBタイプの
ものを使用します。

エクシア5(リペ前)


↑こんなビームサーベルや、差替え用の間接パーツが付属します。

かんじんなリペイントの簡単な工程は・・・

・歪みの修正(ガシャポンの宿命?)
・バリとり、パテ埋め、ペーパーがけ
・パーツ洗浄
・サフ(さーふぇーさー)
・塗装(エアブラシ)
・仕上げ(艶消しでしあげようかな~)

以上です。
これから順を追って紹介していきますのでお楽しみに・・・



ZZガンダム
それでは、
MSセレクションDXのZZガンダムをリペイントしたものを紹介します。
ZZガンダム1


このMSセレクションDXは2005年6月頃発売された、いわゆる”ガシャポン”ではなく、
コンビニなどで箱にはいって販売されたものです。

ZZガンダム2


なので、ある程度 手にとった時の重さで中に何が入っているかわかる
ハズでしたが、
まさかのZZ 3ダブリをした悲しい思い出があります。

ZZガンダム6


カラーリングはノーマルで
主な改造箇所は”あご”を引かせた程度です。

ZZガンダム4


塗り分けが簡単にできる様に
デザインナイフでパーツを分解していますが、基本マスキングテープによる
塗り分けです。

ZZガンダム7


ノーマル(リペイントしていないもの)との比較

ZZガンダム8


MSセレクションの悲しいところは、
見えないところ(背面など)は彩色されてない所があります。

ZZガンダム9


以上でMSセレクションDXのZZガンダムの紹介を終わります。

次回はMSセレクション29のギャンを紹介予定です。
また、リペイントのやり方を紹介するリペイント日記も作成中ですので
近日紹介します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。